焼き茄子の生姜添え

お家編

   Sumi Saikawa

精進料理の知恵を食卓に
shojin-ryori.com.au

SNS SHARE

オ-ストラリアの茄子は、日本のに較べると大きく、皮が堅いです。日本の茄子の形は、丁度米茄子のような形をしています。オーストラリアの茄子は皮を食べる料理、たとえばなすの漬物や煮物には、不向きですが、田楽や焼き茄子など、皮を揚げたり、取り除く料理は美味しく頂けます。なすは、低温が嫌いなので、絶対に冷蔵庫に入れないようにしましょう。

下準備時間:
5分
調理時間:
15分
人数:
4人分
カロリー:
****kcal
日本1カップ=200ml, 大匙1=15ml, 小匙1=1tsp

材料

1:なす

2:生姜

3:醤油

作り方

01なすを回しながら余分ながく(なすの頭についているひらひら)を取る。がくの周りにそって浅く包丁目をいれ、また縦にも何本か浅く包丁目を入れる。これは火の通りをよくし、また皮をむきやすくするため。

02よく熱した焼き網になすをのせ、強火で回しながら全体を焼く。生姜は使う分だけ皮をむき、すりおろす。

03しばらく休ませてから、皮をむく。3つか4つに切り、お皿に盛り付ける。なすの上に生姜のすりおろしやごまをのせ、醤油をかけて頂く。 *生姜は使う分だけ皮をむき、すりおろす。

SNS SHARE

LEAVE A REPLY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。