英語で話す仏教

トピックス

   Sumi Saikawa

精進料理の知恵を食卓に
shojin-ryori.com.au

SNS SHARE

先日、日本で一冊の本を買いました。高田佳人著、ジェームス.M.バーダマン訳英語で話す仏教Q&Aというタイトルの本で、外国人(日本人ではない)方が、ちょっと質問してみたくなるような内容を簡潔に英語と日本語で書いてあります。

たとえば、まえがきの一部を引用すると、生まれた時にはお宮参りをし、結婚式は教会で挙げ、お葬式はお寺でするという日本人の生活は、外国人の目には不思議に映るようです。どうしてそんなことが出来るの?と外国人から質問され、はたと考え込んでしまう日本人も少なくありません。
確かにこういう質問は何回かされた事があります。それに対し、この本では
日本に伝来した仏教は、日本人に生きる知恵と力を与え続けました。仏教は日本人の心を癒し、またものの見方、考え方に多大の影響を与えてきました。日本を語るときに仏教は欠かせません。
と説明されています。

 

仏教は、日本人の心の救いになった事はもちろんですが、同時に、仏教の思想が日本の文化、茶道、華道、料理、庭園等、に強い影響を与え、独自のものに変化を遂げていったという事でしょうか。

 

本文中には、お釈迦様の事、仏教とは、寺と僧侶、仏教と庶民の生活、仏教と神道、キリスト教についてなど、ちょっと知っておきたい内容を要領よくまとめてあります。英語と日本語、両方で勉強になる本です。

SNS SHARE

LEAVE A REPLY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。